通って分かった!職業訓練校でWeb制作のスキルは身に付くのか?

職業訓練校イメージ

僕が職業訓練校に行った理由は単純なものでした。
当時の僕はヘルニアになってしまって普通の仕事も出来なくなってしまい、派遣などで色々な仕事を転々としてました。
そんな僕の姿に見かねた親が「職業訓練校に行ってみたら?」と言われたのがキッカケです。
その当時の僕は職業訓練校にマイナスなイメージがありましたし、特に何かを学びたいという意欲はなかったのです。
少し調べてるうちにある職業が気になるようになりました。それがWebデザイナーです。
しかし、それがどんか仕事なのかイマイチよく理解出来ていませんでした。
つまり、HTMLやCSSそもそもPhotoshopやillustratorの存在すら知りませんでした。
しかし、職業訓練校に行けば新しいことを学びながらお金が貰える。こんなに良い条件もなかなかないので入校を決意するに至りました。

入校するまで

まず職業訓練校というのは同じWebデザインの勉強でも数校分かれています。
雑居ビルの中にある学校もあれば、専門学校の教室を借りて行っている学校もあります。
そこは事前に見学会で見に行ったりホームページで様子を確認出来るので事前に雰囲気などをチェックしておきましょう。
僕の場合は派遣の仕事をしていたこともあってホームページを見て入校する学校を決めました。

次に、まず入校するには条件があります。
失業保険を受給していること。
仕事をしてないこと。
学ぶ意欲があること。

これらを証明するために色々と書類を書いた記憶があります。書類が通れば面接も行います。そこでなにを学びたいのか?なぜここの学校を選んだのかを聞かれます。それらを終えた上で晴れて入校許可がおります。

職業訓練校に実際行ってみて

僕が行った学校にはいろんな人が集まりました。
元プロデューサーなり、銀行マンなり、工場出身だったり、コピーライター、旅行会社、大使館で働いてた人など。
それぞれ社会人を経験した人たちで礼儀のある方ばかりで、逆になんもない自分が恥ずかしくなるくらい、とても刺激をくれる人たちばかりで本当に良い人ばかりでした。
授業内容に関しましては今思えば基礎的なものばかりです。
ですが、当時の僕では全てが新しいものなのでとにかく理解するのに大変でした。
実際の授業は10時から17時からまでで、その時間内では授業内容を理解出来なかったので毎日その後にカフェに行くなりして、その日の復習を夜21時くらいまでしました。
そうまで頑張ってもポートフォリオとなるサイトをようやく1つ作れるか作れないかのような感じです。

卒業して思うこと

今はWEB系の仕事につけて毎日制作の日々が続いていますがそんな僕が今思うと、職業訓練校で学んだことは本当に基礎中の基礎です。正直、会社に就職しても役に立ちません。
ですが、無駄ではありません!
なぜなら勉強をするきっかけになるからです。
それまではWEB関連の仕事に一切興味が無かったのですが、今では勉強して新しいことを覚えるのが楽しくてしょうがないです。
職業訓練校で共に学習した仲間のうちにWEB系ではなくて別の仕事の就いた方は多数おりますが、今でも交流を取っています。
職業訓練校に通ってマイナスだった部分は一切ありません。

せっかくこういう良い制度があるので、仕事で新しいことを学びたい方は是非!活用してはどうでしょうか?
僕はおかげで人生が変わりました。本当にこの制度に感謝したいと思います。

この記事をシェアする

合わせて読みたい関連記事