【実録】不安だった上京にようやく慣れてきて分かった5つのメリット

上京イラスト

僕は小学生の頃からずーっと都会に憧れていました。

何に憧れてたというと1つは秋葉原。
小さい頃からPC小僧だった僕は雑誌を通して秋葉原に憧れを抱いてました。
電化製品の最先端の街。そんなイメージを抱いて小5の時に念願の秋葉原に親と行くのですが、まったく僕のイメージをぶち越してくれました。
ただの気持ち悪いオタクの街。。
美少女ゲームに嫌悪感を抱いてた当時の僕は打ちのめされました。

それでも東京に憧れたのはそれが初めてでした。

次に憧れたのは僕が音楽好きになってから。
好きなバンドは大抵東京でライブをしていて岩手まではなかなか来てくれませんでした。
洋楽なんてなおさらですよね。

そんな訳で東京には凄い憧れがあって、22歳の時に貯金が溜まったのでそれを軍資金に上京を果たすことが出来ました。

東京に来て5年になりますが、本当に来て良かったと思います。

上京して良かったことをあげるとするならば、

1、色んなイベントに行ける!
これは人によりけりですが、僕にはかなり重要なことです。音楽でいうならば歴史的瞬間に立ち会えるんですから!僕がそんなイベント、ライブに色々参加出来ました。

2、マイナー文化を楽しめる。
映画で例えるなら田舎では映画館があってもメジャーなタイトルしかやっていません。メジャーなタイトルというのはやはりお金を稼ぐことが第一前提なのでテーマには限界があります。
しかし、東京のような人が多い街ではお金稼ぎが第一前提ではない映画を上映してるような小さい映画館が何ヶ所かにあります。
そういった映画館は僕に新しい価値観を教えてくれるのでとても重宝しています。

3、車を持たなくて済む。
車というのは僕はあんまり好きではないんですよ。
なぜなら、人を殺しそうだから。
あとお金がかかる。
東京では移動手段は電車とバスでまかなえますし、終電も深夜まである!
最強ですね!

4、夜中に街で深夜まで酒が飲める。
これは大きいですよね。
田舎だとお酒を飲んだら帰る手段がないんです!
車だと飲酒運転になりますし、代行だと5000円ほどはします。
なので漫喫や車で夜を明かしたりします。
その点東京なら深夜まで電車があるのでとても楽です。

5、色んな人と出会い
前置きが長くなりましたが東京の来る最大メリットはこれですね!
東京に来てる人達っていうのは正直変わり者が多いです。
僕の周りだけかもしれないですが、僕は東京の色んな人から影響を受けました。
色んなことに挑戦してる人や学んでる人、様々な経験をしてる人。
その人達の話を直に聞けただけで東京に来た価値は大きいと思います。
観光旅行ではその点は味わえないですよね。
思想も大きく変わります。
どういった風に変わるかは人それぞれですが僕は田舎にいた時よりも視野は広くなったと思います。

以上が僕の上京して良かったメリット5つでした。

上京の仕方はそれぞれですが、僕は100万貯めて上京しました。
後に、その100万のおかげでヘルニアを発症した時になんとか食いつなぐことが出来たので貯めて良かったと思いますが、人によっては貯金なしで上京に成功した人などがいるので自分のスタイルで上京してはどうでしょうか!?

この記事をシェアする

合わせて読みたい関連記事