評判は?アフィリエイトサイト制作代行の比較とオススメ出来ない重要な理由

どうも、つかなんです。

今回はだいぶ攻めたタイトルにしています。

なぜかというと最近知人にこんな相談を受けました。

『アフィリエイトサイトを作りたいんだけど思い良く分からないから制作代行サービスで頼むのって有り?』

はっきり言ってNO!です。

情弱ホイホイ商売ですね。これは。

なぜかと言うと初心者こそ最初はアフィリエイトの基礎を学ぶために自分でサイト立ち上げるべきです。

その理由について今回は解説したいと思います。

既存のアフィリエイト制作代行サービスは上級者向けです。

アフィリエイト制作代行は上級者向け

まず最初に主張したいのがアフィリエイト制作代行サービスというものは既にアフィリエイトサイトを持っていて収益化が成功している人向けのサービスです。
初心者の方で最初にこのサービスを使ってしまうと99%の確率で月1000円の収益も出せず挫折します。

なぜかというと、アフィリエイトには様々な知識が求められます。

アフィリエイターは立派なマーケターの一種です。

トレンドサーチやサイト分析、記事のライティング、デザインの監修などサイトに関する総合的能力が求められます。

そういった知識というのはアフィリエイトサイトを運用しつつ培われていきます。

しかし、アフィリエイトに関する能力がないまま、何十万というサイトを買って立ち上げてもおそらくサイトを育てることが出来ません。

今では検索エンジンでキーワード調べてみると嫌気がさすくらいほとんどがアフィリエイトサイトです。

『洗濯機 比較』、『サプリ オススメ』、『カニ通販 ランキング』など上位に出てくるのはアフィリエイトサイトだらけです。

しかし、これらのサイトは運良く上位に表示されたわけではありません。

アフィリエイターとしての能力が長けていて、しっかり戦略を立てて上位に表示させているのです。

このような人たちであればアフィリエイト制作代行サービスは有りかもしれません。

しかし、初心者の方はまず自分でイチからサイトを立ち上げることをオススメします。

大企業でもビッグワードで100万投資して10,000PVの世界

大企業でもビッグワードで100万投資して10,000PVの世界

アフィリエイトサイトの難しさの指標で分かりやすいのが大企業でもビッグワードで100万投資して10,000PVの世界ということです。

この記事の執筆者は名前は言えませんが、誰でも知っている大手のアフィリエイトサイトの運用に関わっておりました。

ターゲットキーワードはビッグワード狙いです。そして、記事は基本外注とし、1記事5000文字で約2〜4万円で発注し50記事以上用意しました。

ここまで作り込んだアフィリエイトサイトのアクセス数は月間10,000PV程度です。

サイト制作と記事のコストで100万円超のサイトで月間10,000PVですよ!?

以上の例で今のアフィリエイトビジネスが難しいかお分かりいただけたと思います。

ですので、今のアフィリエイトは以下にニッチなキーワードを探すかが勝負となっています。

おそらくアフィリエイト制作代行サービスでそういった知識があるのか疑わしいところです。

頼むにしてもまずは自分でターゲットキーワードを選定出来るくらいになった方が良いかと思われます。

アフィリエイトブログなら個人が有利

上の記事で紹介しましたが大企業でもアフィリエイトサイトのアクセス数を稼ぐのに苦労しています。

というのも、彼らは会社の信用問題もあるので王道なスタイルでしかサイトを運用する手段がありません。
また、スピード感の観点でも記事を投入するのに社内審査で2,3週間かかるのが常です。

しかし、個人ならそういった制約がありません。
アフィリエイトブログは個人が有利点が多数あります。

まず、ニッチなキーワードで記事を書くことも出来ます。
個人となると企画会議はありませんし、とにかく様々な記事を投入できるのは大きなメリットです。
記事は何が当たるのか誰も分からないのでとにかく数が勝負とも言われていますし、こういった制約がないのは個人の強みではないでしょうか?

また、トレンドに合わせた記事を最速で出すことも出来るでしょう。
トレンド系はとにかくスピードが命です。
ターゲットキーワードでトレンドが発生した場合に早く出すことが出来ればかなりのアクセス数を稼ぐことが出来ます。
これも企業は真似できないので個人の特権とも言えます。

このようにアフィリエイトビジネスはまだまだ個人が参入できます。
そのためにはまず、アフィリエイトに関する能力が必要ですのでまずは自分でアフィリエイトサイトを立ち上げることをオススメします。

収益を出すために求められる能力

アフィリエイトブログに必要な能力

アフィリエイト制作代行サービスをオススメ出来ない理由として、まずは『マネタイズの能力』を持っていないとどんなに良いサイトを持っていても意味がないということです。

アフィリエイトサイトで良質記事を用意したとします。

アクセス数が結構あったとしましょう。

しかし、ここマネタイズを怠ると収益は全く伸びません。

どんなに良い記事を書いてもアフィリエイトで売りたい商品との導線が不自然であれば誰も商品をクリックしてくれません。

下手の人だと記事の間にバナーを置くだけのパターンなど見受けられます。

もっと酷い例だと関係ないバナーを置く人もいます。

これではサイトの信用度も落ちますし、クリックもされずメリットが一つもありません。

ですので、記事を用意する前の段階からマネタイズをしっかり構想する必要があります。

売りたいアフィリエイト商材と記事の流れを自然に出来れば自ずとクリックされますので、まずはマネタイズの能力を磨くことをオススメします。

こういった部分もアフィリエイト制作代行サービスではサポートしてくれないので自分でやる必要があります。

アフィリエイトブログは長期的なビジネスモデル

アフィリエイトブログは長期的なビジネスモデル

アフィリエイトサイトはとにかく時間のかかるビジネスです。

アフィリエイト制作代行サービスを使っても収益化するのに1年以上かかる場合もあるでしょう。

おそらく10万円以上投資してサイトを作ったとしても残念なケースになるかもしれません。

とにかく最初はアクセス数が稼げません。

最初はマネタイズよりアクセス数を稼ぐことに苦労するかと思います。

ようやく1日100PV行ったとします。

次はマネタイズを考えなくてはいけません。

アクセス数があっても商材を買ってもらわなければいけないので、ここでリライトや導線の見直しなどの作業が入るかと思います。

ここまでやって最短でも3ヶ月でしょうか。

そういった過程を考えるとやはりアフィリエイト制作代行サービスは既にアフィリエイターとして収益が成り立っている人に有利なサービスと言えます。

アフィリエイトで出た利益で新しいサイトや記事を発注をすれば節税対策にもなりますし、そういった方から見ればアフィリエイト制作代行サービスは有用なサービスと言えます。

優良制作代行サービスの見分け方

仮にアフィリエイターとして収益を出していて次のサイトを立ち上げたいと方にはアフィリエイト制作代行サービスも一つの選択肢として有りかと思います。
ですが、現状のアフィリエイト制作代行はどこに頼めば良いんでしょうか?
現段階で調査したところ以下の制作会社が存在するようです。

私はアフィリエイト制作代行サービスを使う予定はありませんが、仮に使うとしたらどういう所を重視するか解説したいと思います。

以下の観点で各制作会社を見てみました。

比較する要点

・WordPressを使っているか
・サイトのデザイン
・何のテーマを使っているか
・記事の文字数と質
・値段
・会社の信用度

比較表を作ってみたので参考にしてみてください。

WordPressを使っているか

制作代行 WordPrss使用
hands+
アフィデザイン
Commit
アフィキング
Seed
【丸投げ】 △(WPも対応化)
サイト82
アフィリエイトプロ
解説

基本どの制作サービスもWordPressでの制作となっているようです。
【丸投げ】アフィリエイトサイト作成代行だけシリウスという静的CMSを使用しているようですが、WordPressでの対応も可能とのことです。

サイトのデザイン

制作代行 サイトのデザイン
hands+
アフィデザイン
Commit
アフィキング
Seed ?サンプル無し
【丸投げ】
サイト82
アフィリエイトプロ
解説

サンプルサイトを確認する限りまともそうなのがhands+と【丸投げ】アフィリエイトサイト作成代行、アフィリエイトプロでした。
他のものはいかにもサテライトサイトのようなデザインでしたので、それなりに手を加える必要がありそうです。

何のテーマを使っているか

制作代行 WPテーマ
hands+ オリジナル 機能性◯
アフィデザイン オリジナル 機能性×
Commit オリジナル 機能性×
アフィキング 無料テーマCocoon 機能性◯
Seed ?不明
【丸投げ】 オリジナル 機能性△
サイト82 ?不明
アフィリエイトプロ オリジナル 機能性◯
解説

どのサイトも販売LPだけ作り込んで肝心のアフィリエイトサイトが違うテーマで作られていたりと説得力がないのが印象でした。

唯一アフィリエイトプロだけLPが販売しているアフィリエイトサイトのテーマと同一のものでした。
本来はそうあって欲しいですよね。。。

hands+とアフィリエイトプロはLPを見る限り機能が豊富そうで好印象です。

アフィデザインに関してはブラウザの開発ツールで分かるのですがプラグインでなんとか機能を補填しているのが分かります。
新着記事や人気の記事、ソーシャルボタンなどはプラグインに頼っている感じがするのでテーマ自体の機能性にちょっと疑問を感じます。

アフィキングでは無料テーマのCocoonが使われていました。
正直無料テーマなら自分で作って記事が外注した方が安上がりになります。

【丸投げ】アフィリエイトサイト作成代行はシリウスでの制作がメインとのことでWordPressでの機能の説明がないので不明ですが、サンプルを見る限り、絞り込み検索機能などがあるので△としています。

他はLPを見る限り不明でしたので『?』としています。

記事の文字数と質

制作代行 記事の文字数と質
hands+
アフィデザイン
Commit
アフィキング
Seed ?サンプル無し
【丸投げ】
サイト82
アフィリエイトプロ
解説

LPを一通りみましたが、おそらく全ての会社がクラウドソーシングによる記事の外注と思われます。
その場合、文字数や質に差が出ないので全て△としました。

値段

制作代行 値段
hands+ ¥270,000〜
アフィデザイン ¥216,000〜
Commit ¥79,000〜
アフィキング ¥90,000〜
Seed 要見積もり
【丸投げ】 ¥160,000〜
サイト82 ¥135,000〜
アフィリエイトプロ ¥115,000〜
解説

どこも高いですね。。。
私ならアフィリエイトサイトに20万は出しませんね。。。
もし試すなら10万くらいのもので良さそうな気もしますが。

会社の信用度

制作代行 会社の信用度
hands+
アフィデザイン
Commit
アフィキング
Seed
【丸投げ】
サイト82
アフィリエイトプロ
解説

会社の信用度ということで各サイトの特定商取引法を確認しました。
どの会社もしっかりした会社のようですが、アフィキングとアフィリエイトプロは屋号表記なのでおそらくフリーランスによるサービスと考えられます。
確実に安心出来るところ選びたい場合その2つは選択肢から除外されると思います。

比較のまとめ

調べてみると意外と各サービスごとに大きな違いが見受けられました。

依頼する制作会社によってかなり違いが出そうです。

アフィリエイト制作代行サービスを使う場合はデザインや機能性など予め確認しておいた方が良さそうです。

自分でアフィリエイトサイトを作るという選択肢

アフィリエイト制作代行ではなく、はてなブログをオススメ

ここまでアフィリエイト制作代行サービスに関して書いてきましたが、どちらかというと自分で作ってしまった方がコストを抑えられますし、自由度が高くオススメです。

アフィリエイトサイト制作代行サービスを利用する方の中には、作るのが難しそうだからという理由の方も多いかと思います。

しかし、実際にはWordPressでアフィリエイトサイトを作るのは実はとても簡単なんです

こちらの記事では月々100円でWordPressでのアフィリエイトサイトの作り方をまとめています。

もし良かったらこちらを参考にしてみて下さい。

格安で本格的!WordPressで月々100円から始めるアフィリエイトサイトの制作方法

 

まとめ

今まで記事を要約すると以下のようになります。

・アフィリエイトビジネスは大企業でも苦労している

・アフィリエイトビジネスは個人でも有利な点がある。

・アフィリエイト制作代行サービスは初心者にはオススメ出来ない。

・まずは低コストで自分でアフィリエイトサイトを作ってみる

・アフィリエイト制作代行サービスを利用する場合、デザインと機能性に注意する。

ちょっと色々話が外れたりしましたが、伝えたいことはアフィリエイトビジネスは制作代行に頼って成功するほど甘くはないということです。

私も複数のサイトを運用していますが、とにかくターゲットキーワード探しで苦労しています。。。

是非これからアフィリエイトを始める方はアフィリエイト制作代行サービスに頼らず自分の力でサイトを立ち上げることを全力でオススメ致します。

この記事をシェアする

合わせて読みたい関連記事