WEBデザイナーになって分かった未経験から最速でWEBデザイナーになる方法

どうも、つなかんです。
今ではWEBデザイナーとしてお仕事をさせて頂いていますが、WEBデザイナーになる前というのはどうやったらなれるのか?全然イメージが湧きませんでした。
実際に色々ご縁がありWEBデザイナーになれたのですが実際に現場で働き長年やっていると未経験OKの新規のWEBデザイナーを募集する際に欲しい人間像というのが分かってきました。
今WEBデザイナーを目指している方は是非この記事を参考にしてみて下さい。

取得スキルの一覧よりWEBサイト

まずはWEBサイトを作る

早速核心からお話させて頂きますが、取得スキルの一覧を充実させるよりクオリティの高いWEBサイトを作って見せた方が何倍も説得力あります。
ひとまず自分でデザインしてコーディングまで出来るようになりましょう。
最初は時間かかっても良いですし、コードが綺麗じゃなくても全然問題ありません。
大事なのは自分が最後まで作り上げたことです。

どんなサイトを作るべきか

WEBサイトを作るとなると、どんなサイトを作れば良いのか?
確かに最初はイメージが湧きませんよね。
ここでオススメしたいのがコーポレートサイトです。
コーポレートサイトはWEB制作の現場でも需要が高いカテゴリーです。
つまり現場を意識して作った方が採用担当者にアピールしやすいということです。
サイトを作るとなるとモバイル用とPC用を用意しなくてはならず、両立させるレスポンシブデザインという手法がありますが、最初は難しいと思いますのでその場合はPCのみ良いと思います。
可能であれば是非レスポンシブデザインにチャレンジしてみて下さい。

サイトの素材

ポートフォリオ用にコーポレートサイトを作る場合に困るのが素材ですよね。
会社名や事業内容といったテキストに関しては架空のものでいいので、どこかサイトを参考にしましょう。
画像に関してはフリーで画像素材を提供しているところがありますのでそちらを使用しましょう。

上記3サイトは無料画像素材の有名なサイトですのでこちらを使用することをオススメします。

WEBデザイナーに関する資格は必要?

 

結論から言うと必要ないですね。
現場で活躍されている方のほとんどがWEB制作に関する資格は持っていない印象があります。
巷ではそういった資格があるようですが、それよりは自力でWEBサイトを作った方が何倍も説得力があります。

Bootstrapは使わない

WEBサイトを作る上で守って頂きたいのがCSSフレームワークは使わないことです。
コピペでそれなりに形になるのでとても便利ですが、実際現場では使うことは極稀です。
プロジェクトによっては採用されているサイトもあるのでその場合は運用管理の際に多少知識が必要ですが、ポートフォリオ用のサイトでは避けるべきです。
最初は自力でサイトを作りましょう。そこで得た知識は後々必ず役に立ちます。

独学力をアピールしよう

いざWEBサイトを作りましたらそれを武器に転職活動になると思いますが、必ず独学でスキルを取得した事をアピールして下さい。
もし、何かしらのWEBクリエイタースクールに通っている方がいましたら、それプラス独学で身につけたスキルをアピールしましょう。
それはなぜか?
WEB制作の現場ではとにかく技術の移り変わりが早いです。
そういった場合に独学できる人がとても重宝されます。
逆に教えてもらったことしか出来ない人は完全に置いてかれますし、誰でも出来るような仕事しかやらせてもらえず必然的に給料が上がることはありません。
そのくらい独学力はWEB制作の現場では必要ですので是非アピールして下さい。

まずは現場に!

ポートフォリオ用にサイトを作りましたら、まずは転職サイトなどで書類を送りまくりましょう。
必ず未経験OKの会社は存在します。(僕の最初の会社がそうでした)
そういった会社はその人のポテンシャルに対して期待しているので、作ったサイトを見せてポテンシャルの証明しましょう!
注意して欲しいのがこちらが作ったサイトを全く見ない会社です。
そういった会社は簡単なバナー制作やルールの決まったWEB運用しかさせてもらえない可能性があります。
それでホワイトな会社であれば、それはそれでいいですが、もしあなたがWEBデザイナーを目指しているのであれば必ず業務内容を確認した方が良いと思います。

未経験OKの会社の見つけ方

僕はmixiが運用しているFind Jobで未経験OKの会社を見つけました。
そういった求人サイトは色々あるのでひとまず主要な求人サイトに全部登録しておくことをオススメします。
大体の仕事は以下のサイトに登録しておけばカバー出来るかと思います。

そして、気になった会社があったら書類を送る!
僕の場合は30社書類を送って5社ぐらいしか面接出来なかったですね。
ですので、まずは書類を送って母数を増やすことが大事です。

まとめ!最速でWEBデザイナーになるには

まずは独学で現場を意識したWEBサイトを作る
独学で作ったことをアピールする

以上が僕がWEBデザイナーになって分かったWEBデザイナーになるための要件です。
是非、参考にして見て下さい。

補足 WEB制作系スクールに関して

スクールに通うのはどうなの?ってことですが、いちよ僕もWEBクリエイタースクール出身の人ですので否定はしません。
実際その事実で僕はなれているので。。。
資金に余裕がある方はスクールでも良いと思います。
スクールの最大のメリットは仲間が出来ることですね。
これは会社勤めだとなかなか出来ないのでスクール時代に出来た仲間は結構重要です。
競い合うライバルみたいになるので刺激にもなりますからね。

この記事をシェアする

合わせて読みたい関連記事